7月10日の日記

秘密がいっぱい☆コカ・コーラ工場へ行ったよ!

 ゆり(年中)組のお友だちが、『コカ・コーラウエスト 京都工場』へ行きました。バスの中では、コカ・コーラ商品にちなんだクイズを楽しんだり、道中にあるコカ・コーラの自動販売機探しをしたり…「え、Qooちゃん(ジュースのキャラクター)って小学生なんや!(年齢は7~10歳と言われています)」「あ、自動販売機見つけた!もう18個もあったよ!」とバスに乗っている間、ずっと楽しそうな声が響いていました。
 工場につくと、まずは『シアター』へ案内され、コーラの歴史についての3D映像を見ました。3Dメガネをかけて映像を見ていると、「うわ!飛び出てきた!」と思わず手を伸ばしているお友だちも♪工場の中には200人が働いていて、1日に180万本生産していることなどを知ることができました。            
 次は、『タイムトンネル』という場所へ…。トンネルのような空間の中に昔のコーラの瓶や缶、グッズなどが展示されていました。「(金色のビンを見て)金色のコーラがある!」「え、こんな小さいコーラ見たことない!」と大盛り上がり☆その後は、コーヒーの『ジョージア』が作られている製造過程を見学!見たこともない大きなタンクや、迷路のような複雑な機械に、目を離さずじーっと見つめるお友だち☆「コーヒーのいい香りがするな~♪」と楽しそうにお話していましたよ!『チャレンジゾーン』では、コカ・コーラ商品に関するクイズに挑戦したり、ペットボトルで作られたけん玉で遊んだり…と楽しんでいました! 
 最後は、待ちにまった試飲タイム!工場で作られている10種類程あるジュースの中から好きなものを選び、おいしくいただきました☆「炭酸初めて飲んだけどおいしい!」「シュワシュワしてておいしい!もっと飲みたい!」とみんな大満足でした♪

 

 

 

 

 

レッツ~ゴ~♪

 たんぽぽ1組(0歳児)のお友だちがテラスで遊びました。マットを重ねて作ったお山のぼりでは、先生が「おいで~♪」と声をかけると、嬉しそうにハイハイをしていました☆手押し車では、先生の「レッツ~…ゴ~♪」という声に合わせて、お友だちが乗っている車を、優しく押して歩くことができるようになりました♪

 

 

 

 

 

ようこそ!日本へ! ~日本と中国の教育について情報交換会~

 中国から就学前教育を研究されている大学教授、園長先生、保育士さんなどが来られ、日本と中国の教育について情報交換会を行いました。うめ(年長)組のお友だちは、この日のために歓迎の幕を作り、日本の歌を披露しました。他のクラスのお友だちも「ニーハオ」など簡単な中国語で挨拶をしていました☆短い間でしたが、言葉は違っても、同じ教育者としてあらゆる視点から情報を共有することができ、とても良い機会となりました。